幸せになりたい...!!!

That's why I wanna be happy      40代バツ2の幸せ探しの旅 どんなに不幸な過去も変えてみせるよ!

一度目の結婚

f:id:happyagain:20180923224043j:plain

一度目の結婚生活は、いわゆるできちゃった婚の上、付き合いも浅く

婚姻届と出生届を同時に出すということで合意していました。

何らかの事情で婚姻届を先に出すことができない場合、出生届を出す

当日(出産日より2週間後)までは生まれてきた子どもはきちんと

2人のこどもとして扱われます。もし一日でも遅れたら「婚外子」として

まずは、母の子として登録されます。この両者の差は戸籍に載る

この子の肩書みたいなものが違ってきます。

 

まず婚姻届+出生届 

この子の戸籍上の記載のされ方は「長女」となります。

2人の間では初めての女の子どもとなる場合。

 

しかし、出生届だけだとこの子の記載のされ方は「子」となります。

 

 

訳あって、妊娠6カ月を過ぎたあたりからいろいろな

ことで喧嘩を繰り返し、彼の方はうんざり、妊娠7か月目くらいから

家に帰らない日ができてきました。当時旦那の家族のお世話になっていながら

肝心の旦那は家に帰らない、、、どころか私とうまくやっていけないと

いうじゃありませんか!旦那とはこの日以来しばらく口をきいていません。

 

たまに義父が間に入り、私とやり直すように説得するのですが「無理」の一点張りだったようです。それを聞き、また途方に暮れる日々。胎動を感じるのが

嬉しいはずなのにすっごく自分の置かれた立場、一人でこの子を育てるんだという

重圧。すべてにおいて生きている心地はしませんでした。

幸いにも旦那の家族は暖かく、また生活の面倒や検診費などその他身の回りの

ものまで面倒を見てくれたので、本当に肩身の狭い思いをしましたが

なんとか出産までは辛抱することができました。

 

陣痛に苦しむときも、看護師さんの「旦那さん、奥さんの腰をさすってあげてください」の言葉に仕方なくさすられた体。自分に愛情がないのを分かっていながらの出産。婚姻届は出したくないと義理父から聞いていたので本当にこの一日はぐちゃぐちゃでした。娘はそれでも何も知らずに生まれてきました。うわーっと泣いてはよくお乳をのむ

本当に色白のかわいらしい赤ちゃんでした。今もその時のことを思うと胸が熱くなります。生まれて来てよかったのか悪かったのかはわかりませんが、私たち夫婦にとっては

この子の誕生はしばらくの間の「かすがい」とはなってくれたように思います。

 

 

結局出産して13日後、婚姻届けと出生届を同時に出し、娘は私たち

夫婦の「長女」としてこの世に生をうけることとなりました。